ONLINE
SHOP

Apartment Residents

JORNAL

Room Number

102

Flower

お花のアレンジができるまで

お花のアレンジを担当していただいている「Lilas(リラ)」さんとの出会いのきっかけは、管理人の本業でもあるWEB制作のお仕事でした。第一印象はとにかく、美人な人というイメージで本当にお花が似合う方だと思いました。

当時、一緒にお仕事をさせていただく中で、とてもお若いのに知識が豊富で「どうしてそんなにもお花に詳しいのですか?」と伺ったところ「以前は花の市場で働いていいました」と教えていただきました。

お花以外にも観葉植物やその他のグリーンについての知識も幅広く、いつも個人的に観葉植物の育て方をご教授いただいていました。(おかげさまで、我が家の観葉植物は3年以上枯れずに活き活きしています。)

彼女が作るアレンジは生花もプリザーブドもドライもとても優しい色使いで、本当に可愛らしく、プライベートで誰かにお花を贈るときは必ずお願いしていました。

そんな彼女が「独立することにしました」と連絡をくれて、何かお手伝いできることがあれば、、と返信させて頂こうと思った瞬間、あれ?これは一緒に何か新しいものを作れるチャンスなのでは?と思い、まずはお茶に誘わせていただきました。

その後とんとん拍子に話は進み、菓子屋SANICOさんと3人で打ち合わせを行い「フラワーケーキ」を実際に作って売るという夢が現実に近づいてきました。

温度、資材、、試行錯誤を重ねる日々

しかし、ここから数々の難題に遭遇。。まずは「お花のアレンジとケーキを一緒にする」という目標は決まっていたのですが、そんな前例がない商品にぴったり合う資材が無い!と、資材選びから苦戦しました。しかもお花は壁にかけて飾りたい!という私のワガママを叶えるために、様々な資材を取り寄せて実験を重ね、ようやく今の資材にたどり着きました。その他にも、ケーキが冷凍発送なので、冷凍の温度にお花が耐えられるのか?という実験も日々続けていただいています。

そんな試作や実験を繰り返して、ようやくお互いが納得する形が出来上がり、皆様にお届けできるまでのものが完成しました。

これからの展望

彼女は「今後はお花の生産者に寄り添った活動がしていきたい」と私に夢を語ってくれました。

今までは市場に届けられた花を仕入れて、綺麗にアレンジしてお客様に購入していただくだけでしたが、

生産者の方々がどのように苦労されて生産しているか、どんなバックストーリーがあるのか、それらを感じて、理解した上で一本一本の花に愛情を込めてお客様に届けていきたいそうです。

真面目にお花と向き合っていくことを決意したLilasさんを管理人もできる限りバックアップさせていただきたいと考えています。

個人的にも今後「Lilas」さんが作るお花のアレンジで癒されること間違いなしです。

atelier lilasさんのInstagramはこちら
@atelier_lilas___

Apartment Residents

個性溢れるアパートの住人

TOP > アパートの住人 > atelier lilas アトリエ リラ

©2021 nga All Right Reserved.